★12月限定! 今月使える無料ソフト そっくり銘柄探しソフト★ 「こんな形のチャートをみつけたい」という時におすすめ!
  • 転換測定ソフト

    •  年2回の中期下落波動
    •  年4回の中期下落波動
    •  年2回の中期上昇波動
    •  年4回の中期上昇波動

2018/12/15 11:47更新   NEW

前引け

上昇相場は1日で終わり、今日の前引け後の先物は420円安の21360円まで下落しています。そけを反映して底値圏の業種が3業種増加しています。

ECB(ヨーロッパ中央銀)は金融緩和から金融引き締めへの変更を宣言しました。これで欧米金融引き締めを決定したわけですから、早晩田の国も金融緩和に対する圧力が出てくるとおもいます。

日本は民主党政権の時に、世界中が金融の大幅緩和を行なっている時に緩和せず、安倍総理の時になっとて漸く異次元金融緩和を行なって日本経済を復活させましたので、金融緩和の期間が欧米に比べて短いので、もう少し金融緩和を続けたいと思っていると思いますが、米国が金融引き締めを日本に要求したときに、安倍総理がどこまで踏ん張れるかで株式市場の行方も決まることになります。

大引け

これまでは東証二部だけが年4回の下落波動が認定されていましたが、金曜日の下げで東証一部単純平均にも年4回の下落波動が認定されました。単純平均とは全銘柄の株価を合計して割ったものですが、日経平均のように円安にも影響されず、TOPIOXのように資本金にも影響されない株価指数ですから、相場全体は順調に下がってきているということを示していると思います。

この土日で運用モードを完成して、月曜日の森田の臨戦態勢のセミナーに参加して、これからどう投資すればよいかを掴んで下さい。

今回の大幅下落は、今年2回目の本当のチャンスです。このチャンスを掴んで、年間投資利益を増やしとて下さい、

コメント

割安市場銘柄探し

高機能チャートデモ版の案内

高機能チャート

今月の無料ソフト

無料ソフト

ケンミレ会員申込み

株価指数

  • 日経平均株価
  • TOPIX
  • 東1単純平均
  • 大型株指数
  • 中型株指数
  • 小型株指数
  • 東証2部指数
  • JASDAQ指数
  • 東証マザーズ
  • 日経平均先物
  • NYダウ30種
  • イギリス
  • ドイツ
  • WTI原油
  • ドル/円
日経平均株価 21374.83 -441.36
TOPIX 1592.16 -24.49
東1単純平均 2242.45 -39.43
大型株指数 1459.53 -20.69
中型株指数 1907.00 -32.29
小型株指数 2999.18 -51.79
東証2部指数 6784.87 -402.07
JASDAQ指数 148.67 -1.76
東証マザーズ 942.01 -18.65
日経平均先物 21220 -80
NYダウ30種 24100.51 -496.87
イギリス 6845.2 -32.3
ドイツ 10865.77 -58.93
WTI原油 52.58 +1.43
ドル/円 113.35 -0.23

SNS公式Twitterアカウントが公開されました。

ケンミレ進化論 ケンミレ投資物語

市場の動きをデータで見る

株式市場が下がってくると「会員向け株ソフトの抽出銘柄数」が増えてきます。
そして、銘柄数が一定数以上増加しますと株式市場は下落から上昇に転換します。銘柄数をチェックして、何銘柄ぐらいまで増えると相場が転換するかを見つけてみてください。

■代表的な指標で相場の転換点を探す
2018/12/14大引け 12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
日経平均のサイコロ(12日) 67% 67% 58% 58% 58%
新高値銘柄数(ケンミレ流) 4 6 5 7 6
新安値銘柄数(ケンミレ流) 403 556 118 42 139
■会員向け株ソフトの抽出銘柄数
2018/12/14大引け 12/10 12/11 12/12 12/13 12/14
最適指標銘柄探しソフト 225 368 266 135 154
割安市場銘柄探しソフト 190 267 158 75 96
そっくり銘柄探しソフト(日経連動) 385 406 305 209 330